人生変えたい万屋金ちゃんによる日々の成長日記

人生変えたい大学生の毎日です。

雨が降っていないのに傘をさす人たちは、自分の意思で行動できない。

最近は梅雨。

連日雨が降っていることも多く、多くの人が傘をさしている光景をよく見かける。

 

それと同時に「なんとなく」で傘をさしている人たちも、とても多く見かける。

 

それは空が曇っており、地面が湿っていた日のこと。

 

確かに雨が降っていそうな雰囲気。

ちらほら傘をさしている人がいる。

 

俺は傘をささずに外に出てみた。

すると、雨は全く降っていない。

いかにも雨が降っていそうな雰囲気はあるのだが、実際には降っていないのだ。

 

それにも関わらず、多くの人が傘をさしている。

 

これは多くの人が自分で確かめ、自分の意思で行動することができていない証拠ではないか。

 

周りの人が傘をさしている。

だから自分も傘をさす。

そういった風に他人に流されて行動しているのだ。

 

土砂降りとか、目に見えるほどの雨ならば迷わず傘をさすべきだ。

 

しかし雰囲気に流され、自分でやって確かめることを怠ってはいけない。

 

他人任せにして、自分で考え行動することを止めるのは愚かな行為だ。

 

自分の行動は自分の意思で決めよう。

 

きっとその先には「確固たる自分」がいるはずだ。