人生変えたい万屋金ちゃんによる日々の成長日記

人生変えたい大学生の毎日です。

スーパーで出会った思いやり。

 

 

この前スーパー行って。

 

普通に商品持って並んでたの。

 

そのとき持ってた商品は1つ。

 

他の方はたくさんの商品をカゴに入れてる。

 

そんな俺を見て、とあるおばちゃんが俺にレジを先に譲ってくれたのよ。

 

「この人が商品少ないから」って言ってね。

 

めちゃくちゃ感動したわけ。

 

普通って、自分と関係ない人の事とかって基本的に自分の視野に入れない。

 

つまり、自己を優先しやすくなる。

 

普段思いやり思いやりって言われてる俺たちが思いやりを発揮するのは、けっこう身内と一緒にいるときだけになってたりする。

 

友達には親切にする。

 

家族には親切にする。

 

でも赤の他人はどうでもいい。

 

こんな風な人たちは意外と多いのが現状だ。

 

思いやりとは、いつでも、誰にでも引き出せるモノにしなければならない。

 

あのスーパーのおばちゃんは、誰にでも思いやりをもって接することが当たり前なんだろう。

 

これをされた時に、自分の小ささが痛いほどよくわかった。

 

俺の思いやりは、まだまだ表面をコーティングしていたにすぎないのだ、と。

 

 

どこでも、いつでも、誰にでも。

 

思いやりは習慣化しないと発揮できない。

 

自分は自己を優先していないか。

 

まだまだ他人を思いやることはできないのか。

 

考えたら改善できるところがたくさんあるかもしれない。

 

思いやりが信用を生む。

 

信用は、お金よりも重要なもの。

 

お金以上に重要な信用を得るには、まず思いやりから。

 

何事も小さな心がけから始まる。