人生変えたい万屋金ちゃんによる日々の成長日記

人生変えたい大学生の毎日です。

たったら1回の成功の重要さ。アイシールド21

 

「おい糞(ファッキン)チビ

     一回だけだ

    何十回も突っこんだうちのしょせん一回だけだが…

てめーの勝ちだ」

by アイシールド21 3巻

        蛭魔妖一

 

 

これいいよね。

 

チャレンジすることの大切さを教えてくれているというか。

 

これって、これから自分が目指すべき姿勢を表してくれている。

 

例えば。

 

社会で成功する人とは。

 

たくさんのパターンがあるだろう。

 

たまたまやったものが大当たりしたとか。

 

はたまた、何回もやってようやく巡ったチャンスを掴んだりとか。

 

俺がやらなきゃいけないのは、成功するために、いくら負けても何度もトライすること。

 

このシーンっていうのは、

進清十郎(しん せいじゅうろう) という大きな壁が

主人公の小早川瀬那(こばやかわ せな) に立ちはだかっていた場面。

 

セナは何度も何度も進に止められながらも、またトライし続ける。

 

何度も何度もトライした結果、たった一度の「勝利」を得るのである。

 

つまり。

 

勝利」するには、失敗しても何度も立ち向かうことが必要なのだ。

 

そんな簡単に手に入れれるものではないのだから。

 

何度失敗してもいい。

その代わり、たった1回のでかい「成功」を掴む。

 

おれの目標っていうのは、正直何かホントにでかい成功を収めなければ達成できない。

 

だから俺は何度もトライし続ける。

 

弱虫なセナが何度も立ち向かっていったように。